安心度☆5つ星☆人気の消費者金融!

人気画像 人気画像 人気画像         

消費者金融と銀行のカードローンの違いは何!?

消費者金融と銀行のカードローンの違いを説明する男性

消費者金融のカードローンは、すぐにお金が必要なとき即日融資が可能なことが特徴です。

 

銀行でも最近では、消費者金融のように無担保、保証人なしで貸付を行うカードローンが増えました。

 

消費者金融でも銀行でも、このような個人に対して融資を行うカードローンでは、申し込み方法やお金の借方に、大した違いはないようです。

 

銀行といえば審査が厳しく、消費者金融といえば審査が甘い、というようなイメージを持っている方は多いと思います。

 

また、銀行では安い金利で借りることができ、消費者金融では金利が高いというイメージもありますよね。

 

以前の消費者金融は、高金利で貸し付けを行っていました。これにより多重債務者や債務整理の申し立てをする人が、増加したことが社会問題ともなりました。

 

これ以上多重債務者や破産者を増加させないために、消費者金融の貸付について定めている貸金業法が、新しく改正されました。

 

これにより金利の引き下げが行われたため、以前に比べると消費者金融から、安い金利でお金を借りられるようになりました。また、消費者金融の審査は緩いというイメージがありますが、今の消費者金融は昔に比べると審査は厳しくなっているようです。

 

現代では消費者金融のカードローンでも、銀行のカードローンでも、金利や審査においても変わりはないといえます。

 

消費者金融と銀行カードローンの大きな違いとは!?

総量規制について説明する女性

消費者金融の貸付について定めている貸金業法では、金利の引き下げが行われただけでなく、借入できる金額についても上限を定めました。

 

消費者金融などの個人に対して融資を行う業者は、年収の3分の1までしか融資をおこなってはいけません。この借入金額の上限を総量規制といいます。

 

総量規制の対象となる会社
消費者金融とクレジットカードのキャッシングが、総量規制の貸付対象となります。
この場合、個人の借入でも事業資金として借りる場合は、対象となりません。

 

銀行のカードローンは、総量規制の対象となりません。

 

例えばAさんが、消費者金融から借りられるお金が100万円だとします。

 

1社からすでに70万円お金を借りている場合、新たに50万円申し込みをしてもAさんは、2社を合わせた総額が100万円を超えるため、お金を借りることができません。

 

消費者金融のカードローン審査に落ちたけれど、銀行のカードローンでは審査にとったという例もあるようですね。

 

しかし、消費者金融でも銀行でもお金を借りる事には変わりはないので、返済の計画をしっかりとたててカードローンに申し込みするようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

有名な大手の消費者金融の申込一覧はこちら
TVCMでもおなじみの有名大手消費者金融の申込み先です! 信頼できる大手消費者金融でのキャッシングは、安心で安全な借り入れができます。
安心な中堅消費者金融の申込一覧はこちら
少額から借りれるキャッシングや地域限定の中堅消費者金融の申込み先です。条件に合うところで申込ください。
大学生や専門学生を対象とした学生ローンの申込一覧はこちら
安定した収入のある学生が申込できる学生ローンの申込先です。 申込条件を確認して学生ローンをお申込みください。
女性専用のレディースキャッシングの申込はこちら
女性の方が安心して申し込みができるレディースローンの申込先です。電話や相談、キャッシングの手続きすべてが女性の対応となるので、安心して借り入れできます。
クレジットカードの申込一覧はこちら
ポイントを貯めやすいクレカや、人気のクレカの申し込み先です。学生専用のクレジットカードや家族カードの発行ができます。