安心度☆5つ星☆人気の消費者金融!

人気画像 人気画像 人気画像         

賃金業法とは? お金を借りれる上限と金利の設定について

貸金業法とは、お金の貸し借りについて定めている法律で、消費者金融などから借入れをするとき、安心して利用できるように定められた法律です。

 

バブルの崩壊後、銀行の顧客の融資引き上げによって、銀行からお金を借りることができなくなった人達が、銀行よりも金利の高いところでお金を借りることで、多重債務者が増加しました。

 

多重債務者の問題は社会でも多く取り上げられ、ニュースにもなったほどです。少しでも問題が解決できるように、従来の法律を改正し新しい貸金業法ができました。

 

 

貸金業法の対象となる金融会社

 

財務局や都道府県に登録している貸金業者が、貸金業法の対象となります。貯金や為替などの業務を行わない、お金の貸付を専門としている業者で、銀行や信用金庫などは対象外です。
消費者金融やクレジットカード会社は貸金業法の対象となりますが、クレジットカード会社は分けて考えなくてはいけません。

  • クレジットカードのキャッシング機能で、現金を借りるときは対象となります。
  • クレジットカードで商品を購入する場合(ショッピング)は、対象となりません。

 

 

お金を安心して借りるための新しい貸金業法とは

総量規制(お金の借り過ぎ・貸し過ぎの防止)

 

総量規制は平成22年6月18日から実施され、貸金業法の対象である金融会社からの借入れは「年収の3/1まで」と定められました。

 

総量規制が適用されるのは、個人が業者からお金を借りるときが対象です。法人でお金を借りるときや、銀行から借入れするときは適用外です。

 

マイカーローンや住宅ローンなど、金利が安く長期にわたる返済の融資も対象となりません。改正前からお金を借りていて、借入れが年収の1/3を超えている人に、一括返済などを求めることはありません。

 

またお金を借りるときに、給与明細や源泉徴収票などの、収入を証明できる書類が必要となりました。

 

総量規制(配偶者への貸付)について

 

配偶者貸付とは、自分の年収と配偶者の年収を合わせた1/3以下の貸付のことをいいます。この貸付においては、配偶者の同意と夫婦であるということを証明できる書類が必要となります。

 

上限金利の引き下げ

 

貸金業法が新しくできるまで、金利は「出資法の上限金利」と「利息法の上限金利」で定められており、出資法を守っていれば高金利の貸付も認められていました。

 

利息法では最大金利の上限が20%、出資法では29.2%と定められ、20〜29.2%の間で金利を設定しており、この金利設定を「グレーゾーン金利」と呼んでいました。

 

この高金利での融資によることで、多重債務者が増加したともいえます。以前は、出資法さえ守っていれば利息の制限を超えても、貸金業者には何の罰則もなかったため、ほとんどの消費者金融が高い金利で貸し付けを行っていました。

 

しかし貸金業法の改正によって、金利は「出資法の上限金利は20%」「利息制限法の金利は応じ15〜20%」と引き下げられ、グレーゾーン金利は撤廃されました。

 

金利を払い過ぎていた消費者は、この改正によって貸金業者に、「過払い請求」をすることができるようになったのです。利息制限法の上限を超える貸付は行政処分となり、出資法の上限金利を超える貸付は刑事罪の対象となります。

有名な大手の消費者金融の申込一覧はこちら
TVCMでもおなじみの有名大手消費者金融の申込み先です! 信頼できる大手消費者金融でのキャッシングは、安心で安全な借り入れができます。
安心な中堅消費者金融の申込一覧はこちら
少額から借りれるキャッシングや地域限定の中堅消費者金融の申込み先です。条件に合うところで申込ください。
大学生や専門学生を対象とした学生ローンの申込一覧はこちら
安定した収入のある学生が申込できる学生ローンの申込先です。 申込条件を確認して学生ローンをお申込みください。
女性専用のレディースキャッシングの申込はこちら
女性の方が安心して申し込みができるレディースローンの申込先です。電話や相談、キャッシングの手続きすべてが女性の対応となるので、安心して借り入れできます。
クレジットカードの申込一覧はこちら
ポイントを貯めやすいクレカや、人気のクレカの申し込み先です。学生専用のクレジットカードや家族カードの発行ができます。

総量規制:借入れできる金額のQ&A借入れが年収の3/1を超えていることはなぜわかるのか?お金を貸付する業者は、利用者の借入残高を信用情報機関によって知ることができます。借入れするときに、年収を証明する書類を受け取りますが、その情報が信用情報機関に登録されます。1社の借入の上限が、年収の1/3なのか?年収の3/1を超える借入れをした場合はどうなる?総量規制の対象となる貸金業者からの、すべての借入れが...