安心度☆5つ星☆人気の消費者金融!

人気画像 人気画像 人気画像         

賃金業法のQ&A 借入限度額・利息と金利の引き下げについて

総量規制:借入れできる金額のQ&A

借入れが年収の3/1を超えていることはなぜわかるのか?

お金を貸付する業者は、利用者の借入残高を信用情報機関によって知ることができます。借入れするときに、年収を証明する書類を受け取りますが、その情報が信用情報機関に登録されます。

1社の借入の上限が、年収の1/3なのか?年収の3/1を超える借入れをした場合はどうなる?

総量規制の対象となる貸金業者からの、すべての借入れが年収の1/3となります。

 

年収が300万円の方なら、業者から借入れできる金額は100万円までとなります。A社で60万円を借入れをしているのなら、B社では40万円までしかお金を借りることができません。

 

また、総量規制の限度額を超える借入れをしたとき、利用者が処罰されるなどのことはありません。

銀行からの借入れを合せると年収の3/1を超えていた場合、借入れは新たにできないのか?

銀行・信用組合・信用金庫・農協などからの貸付は、総量規制の対象となりませんので借入れは可能です。
しかし、返済が遅れるなどのトラブルが以前にあった場合は、お金を借りることは難しいかもしれません。

年収の3/1を超える借入れがありますが、クレジットカードで買い物ができるのか?

クレジットカードで買い物ができるショッピング機能は、総量規制の対象外ですので買い物はできます。しかし、クレジットカードで現金を借りれるキャッシングは対象となります。

給料以外の収入は総量規制の対象となる?

「給料」「年金」「恩給」「事業として行う定期的な賃貸収入」「年間の事業所得」が総量規制の収入の対象となります。パチンコや宝くじなどの収入は年収には含まれません。

 

総量規制:金利の引き下げのQ&A

賃金改正法による金利の引き下げが行われたが、金利を下げるには新たに借入れしなければならないのか?

「利息制限法」と「出資法」の上限金利が改正されましたが、2010年6月18日以降に借入れをしている人にたしては金利が下がりません。

 

この金利の上限を超える貸付は違法ですが、以前から借入れをしている人に対しては違法にならないため、処罰を業者が受けることはありません。

 

以前の金利で借入している人は、借入期間によりますが「過払い金請求」によって、払いすぎたお金を取り返すことができます。

 

しかし完済していない返済途中での過払い請求は、事故情報(ブラックリスト)として登録されます。金利が下がる前からお金を借りている人は、借りている金融会社に金利の引き下げの相談をしてみてください。

支払いが遅れたときの延滞利率はどうなるの?

賃金業法が改正された後に契約をした人が返済を延滞した場合、損害賠償額の金利も上限が20%となります。

ページTOP

 

 

 

有名な大手の消費者金融の申込一覧はこちら
TVCMでもおなじみの有名大手消費者金融の申込み先です! 信頼できる大手消費者金融でのキャッシングは、安心で安全な借り入れができます。
安心な中堅消費者金融の申込一覧はこちら
少額から借りれるキャッシングや地域限定の中堅消費者金融の申込み先です。条件に合うところで申込ください。
大学生や専門学生を対象とした学生ローンの申込一覧はこちら
安定した収入のある学生が申込できる学生ローンの申込先です。 申込条件を確認して学生ローンをお申込みください。
女性専用のレディースキャッシングの申込はこちら
女性の方が安心して申し込みができるレディースローンの申込先です。電話や相談、キャッシングの手続きすべてが女性の対応となるので、安心して借り入れできます。
クレジットカードの申込一覧はこちら
ポイントを貯めやすいクレカや、人気のクレカの申し込み先です。学生専用のクレジットカードや家族カードの発行ができます。