安心度☆5つ星☆人気の消費者金融!

人気画像 人気画像 人気画像         

貸金業法に定められている借金の取り立ての禁止行為

取り立て.金融会社.借り入れ.借入.申し込み.即日.借りる.借りれる.お金.安心.評判.パート.アルバイト.金利.利息.安い.低い

借金の返済ができないことは自分の責任です。

 

計画性のない借入れをしたことを反省し、甘かったことを認めなくてはなりません。

 

お金を貸したほうからすれば、何が何でも貸したお金を取戻したいでしょうけれど、取り立てには昔からルールがあるのです。

 

 

 

< 借金の取り立て禁止行為 >

 

 

◆賃金業を営む者、債権者取り立てを営む者、および委託を受けた者は取り立ての際に人を脅迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活、若しくは業務の平穏を害するような言動

 

取り立てのときに、大声をあげたりして債務者を脅してはいけません。債務者の日常生活や、仕事に支障が出るような行為を債権者はしてはいけません。次にあげることは、借金の取り立てで禁止している行為です。

 

◆ 社会通念に照らし不適切と認められる時間帯
午後9時〜午前8時までの間、訪問や電話・FAXなどで取り立てをしてはいけません。

 

◆債権者等が弁済し、又は連絡し、若しくは連絡を受ける時期を申し出した場合
「この時間になら話を聞いてもかまわない」と、連絡を受けた時間以外の取り立ては禁止されています。

 

◆債務者等の勤務先その他の住宅以外の場所
債務者の自宅以外の場所、勤務先などへ取り立てに行ってはいけません。

 

◆債務者の居住または勤務先、その他の債務者等を訪問した場所において、債務者等から退去を求められてもいすわってはいけない
債権者は「お金を返すまで帰らない」などと、債務者を追い詰めて居座ってはいけません。

 

◆張り紙、立て看板、その他何らかの方法で債務者の借入れに関する事実、債務者の私生活に関する事実を債務者以外のものに明らかにしてはいけない
債務者がお金を借りていることを、他人に何らかの方法で知らせることは禁止されています。

 

◆債務者以外の者から金銭の借入れや、その他これに類する方法により貸付の契約に基づく債務の弁財資金の調達を要求してはいけない
借金を返せえないなら、家族や友人などから借りて返済しろ!などといってはいけません。

 

◆債務者以外の者に対し、債務者に代わって債務を弁財することを要求してはいけない
保証人でもない人、家族や友達から借金を取り立てしてはいけません。

 

◆債務者以外の者に対し、債務者等に代わって債務を弁済することを要求してはいけない
借金を取り返すために、債務者の家族や友人などに債務者の情報を無理に聞き出したりして、取り立ての手伝いをさせてはいけません。

 

◆貸付の契約に基づく債権に係る債務の処理を、弁護士・弁護士法人・司法書士・司法書士法人に委託した場合、または債務の処理のため必要な、裁判所における民事事件に関する手続きをとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があった場合
弁護士や司法書士などに債務者が相談している場合、その期間内は取り立てを行ってはいけません。

 

 

この貸金業規制法に違反した貸金業者は、業務停止や懲役や罰金などの重い処罰が科せられます。

 

ページTOP

有名な大手の消費者金融の申込一覧はこちら
TVCMでもおなじみの有名大手消費者金融の申込み先です! 信頼できる大手消費者金融でのキャッシングは、安心で安全な借り入れができます。
安心な中堅消費者金融の申込一覧はこちら
少額から借りれるキャッシングや地域限定の中堅消費者金融の申込み先です。条件に合うところで申込ください。
大学生や専門学生を対象とした学生ローンの申込一覧はこちら
安定した収入のある学生が申込できる学生ローンの申込先です。 申込条件を確認して学生ローンをお申込みください。
女性専用のレディースキャッシングの申込はこちら
女性の方が安心して申し込みができるレディースローンの申込先です。電話や相談、キャッシングの手続きすべてが女性の対応となるので、安心して借り入れできます。
クレジットカードの申込一覧はこちら
ポイントを貯めやすいクレカや、人気のクレカの申し込み先です。学生専用のクレジットカードや家族カードの発行ができます。