安心度☆5つ星☆人気の消費者金融!

人気画像 人気画像 人気画像         

お金の返済の仕方!どんな方法で返すことができるのか?

金融会社への返済方法は、お金を借りる貸金業者や借り方によっても変わります。

 

それぞれの返済方法のメリットとデメリットを知って、自分の生活に合わせて返済ができるように、なるべく金利の負担が少ない方法でお金を借りるようにしましょう。

 

お金の返済方法の種類

元利均等方式

借りたお金の返済額(元金+利息)を、毎月決まった一定額を支払う方法です。

 

メリット 毎月の返済額が決まっているので、計画的に返済ができる。繰り越しの返済が臨時にでき、支払利息の軽減を計ることができる。

 

デメリット 返済の当初は、利息の支払いで元金の減るペースが遅いです。ローン住宅ローン・車のローンなどまとまったお金の借り入れに利用することが多い。

 

 

元金均等方式

借りたお金を何回で返済するか一定額を決めて、その支払いのときどきで残高に利息をかけていく方法です。このため利息は、返済月によって変動します。

 

メリット 元金均等方式より借入残高が減るのが早く、金利の支払い合計も少ないのが特徴です。

 

デメリット 返済当初は借入残高が多いため、金利の支払いもおおく返済に負担がかかります。

 

 

分割払い(アドオン方式も含む)

利息を借入金額にあらかじめ足して、それを返済期間で支払う方法です。アドオン方式も似たような特徴です。

 

メリット 支払う利息が毎月一定であるため、返済しやすく計画的です。
デメリット 金利が高めに設定されているため、返済期間が長くなると負担が大きくかかります。

 

 

 

リボルビング払い

カードローンの支払い方法では、リボルビング払いが主流といわれるほどに多い返済方式です。
借り入れ金額にかかわらず、返済の回数を決めずに毎月一定の額を返済する支払方法です。

 

メリット 毎月きまった金額を返済するので、負担は少ないです。
デメリット 借り入れが多く返済の期間が長くなると、分割にくらべて手数料の率が高くなり負担がかかります。

 

リボルビング払いを大まかに分けると、「定額リボルビング方式」「定率リボルビング方式」「残高スライドリボルビング方式」に分かれます。リボルビング払いの中でも「残高スライドリボルビング方式」はカードローンでよく利用されます。

 

残高スライドリボルビング方式

借入残高が10万円以内なら毎月支払が5千円、10万円以上20万円以内の範までなら毎月支払が8千円といったように、返済額が変動します。
メリット リボ払いで少額返済をするより、早く残高を軽減できます。
デメリット 返済が長引くと手数料率が高いため、返済総額が大きくなり負担がかかります。

最近ではミニマムペイント「ある時払い」の支払方法があります。

最低限の返済額が決められ、返済額も少額で余裕のあるときに支払う方法です。消費者金融などで使われることが多い返済方法です。

 

メリット 初回の返済日までに全額を払えるなら、利息はかかりません。またいつでも早めに返済できます。
デメリット 返済金額、返済回数が増えることで、リボ払いの手数料もかかってくるので返済の総額が大きくなります。

 

ページTOP

有名な大手の消費者金融の申込一覧はこちら
TVCMでもおなじみの有名大手消費者金融の申込み先です! 信頼できる大手消費者金融でのキャッシングは、安心で安全な借り入れができます。
安心な中堅消費者金融の申込一覧はこちら
少額から借りれるキャッシングや地域限定の中堅消費者金融の申込み先です。条件に合うところで申込ください。
大学生や専門学生を対象とした学生ローンの申込一覧はこちら
安定した収入のある学生が申込できる学生ローンの申込先です。 申込条件を確認して学生ローンをお申込みください。
女性専用のレディースキャッシングの申込はこちら
女性の方が安心して申し込みができるレディースローンの申込先です。電話や相談、キャッシングの手続きすべてが女性の対応となるので、安心して借り入れできます。
クレジットカードの申込一覧はこちら
ポイントを貯めやすいクレカや、人気のクレカの申し込み先です。学生専用のクレジットカードや家族カードの発行ができます。