安心度☆5つ星☆人気の消費者金融!

人気画像 人気画像 人気画像         

消費者金融でお金を借りるときの金利 計算方法と利息について 

消費者金融でお金を借りるとき、皆さんは金利をどのくらい支払っているのか気にしたことがありますか?消費者金融で借入れした人は、なぜ返済ができなくなるのでしょうか。

 

借金を払い終えるまでに、どのくらいの利息を支払っているのか考えて借入れするようにしましょう。

 

消費者金融の利息計算方法

消費者金融の利息は、借入残高に対して利用した日数で計算しますので、早く支払いをするほど支払う金利は安くなります。

 

借入残高とは?

現在お金を借りている金額のことをいいます。利用明細書や領収書に、借入残高はその都度記載されていますので、確認をするようにしましょう。

 

利息の計算方法

利息 = 借入残高 × 借入利率 ÷ 365日 × 利用日数

※うるう年は366日で計算します。

 

 金利10% / 借入残高10万円 / 30日借りた場合
  100,000×0.10÷365日×30日=822円

 

 金利18% / 借入残高10万円 / 30日借りた場合
  100,000×0.18÷365日×30日=1,479円

 

 金利18% / 借入残高10万円 / 60日借りた場合
  100,000×0.18÷365日×60日=2,958円

 

 

上記は例ですが、このように金利の計算をすることで、どれだけの利息を支払っているのかがわかります。計算がめんどくさいからといって、利息の計算をしないでお金を借りていませんか?

 

金利と返済期間によって、どれだけの差がでるのかがかわかります。キャッシングは自分の貯金ではありませんので、利息にどれだけお金を支払っているのか考えて、上手に消費者金融を利用するようにしましょう。

 

消費者金融の利息Q&A

無金利でキャッシングできる消費者金融はあるのか?

大手消費者金融などでは、短期間の間「無利息」でお金を融資するサービスを行っています。

 

会社によって無利息期間には違いがありますが、その間にお金を返せば利息を0円で借入することができます。すぐにお金を返す予定がある人は、利用してお得に借りるとよいですね。

なぜ借入限度額は変動するのか?

消費者金融は、お金を借りる人の信用をもとに融資を行っています。計画をたてて返済をしっかりとしている人であれば、貸した側の信用度はあがります。
「お金を貸してもお金をきちんと返してくれる人」という信用ができ、総量規制内で借入できる金額が増額されます。

消費者金融の金利の引き下げは、個人からの相談でも可能なの?

金利の引き下げを金融会社に相談したところ、少しだけど金利が安くしてもらったという方もいます。一度相談してみるとよいでしょう。

消費者金融で利息の引き下げをしてもらうと、住宅ローンを組むときなどに不利になる?

消費者金融で利息の引き下げをしてもらったことは、おそらく銀行でもそこまで把握はできないでしょう。
しかし、支払いが完済していないのに利息の過払い請求をすると、事故情報(一般的にブラックリスト)に登録されますので、銀行の審査に影響があるかもしれません。

消費者金融のローンで金利2%のところはあるのか?

正規の消費者金融で、そのような金利で貸し付けをしているところはありません。闇金融や違法な貸金業者ですので、気をつけてください。

 

貸金業法の改正により、消費者金融の金利設定が新たに行われました。改正される前の「グレーゾーン金利」や「金利の引き下げ」について説明していますのでご覧ください。

貸金業法の詳細ページ

 

安心な消費者金融でお金を借りるには?

 

ページTOP

有名な大手の消費者金融の申込一覧はこちら
TVCMでもおなじみの有名大手消費者金融の申込み先です! 信頼できる大手消費者金融でのキャッシングは、安心で安全な借り入れができます。
安心な中堅消費者金融の申込一覧はこちら
少額から借りれるキャッシングや地域限定の中堅消費者金融の申込み先です。条件に合うところで申込ください。
大学生や専門学生を対象とした学生ローンの申込一覧はこちら
安定した収入のある学生が申込できる学生ローンの申込先です。 申込条件を確認して学生ローンをお申込みください。
女性専用のレディースキャッシングの申込はこちら
女性の方が安心して申し込みができるレディースローンの申込先です。電話や相談、キャッシングの手続きすべてが女性の対応となるので、安心して借り入れできます。
クレジットカードの申込一覧はこちら
ポイントを貯めやすいクレカや、人気のクレカの申し込み先です。学生専用のクレジットカードや家族カードの発行ができます。